魅惑のインドから帰国。今度は魅力ある北の大地から発信。


by izayoisakura

散髪インインド

あぁーまた若干の空白期間を経てこうして投稿しております。体を壊したわけでも、インド人女性に現を抜かしていたわけでもありません。ただ、今日は久しぶりに現を抜かしたくなりましたが・・・。
そういえば、髪を切りました。こちらに来たばかりのときに、路上の散髪屋さんの写真を載せましたが、さすがにそこに行く勇気はありませんでしたが、かといってファイブスターホテルの中の美容院にいくのは全くもっておもしろくないということで、近所の床屋さんへ。
いやー、あのどきどき感たまりませんね。どうなっちゃうの、どうなっちゃうのって思ってると、とても楽しくなってくるもんです。
はさみは1種類、ワックスついてるのにスプレーで水をかけて、即切りはじめる。
基本的には、ただ、髪をまっすぐ切ってくれました。まぁまぁの感じでしょ。案外普通になってしまって拍子抜け。
でもそこからがすごかった。
頭皮、顔のケアのフルコースを行い始める。
・頭に不思議なオイルみたいなものを塗ったぎられて10分くらい頭皮マッサージ。
・次は、またよくわからないものを頭に塗られる。それが毛穴にしみるしみる・・。なにかと聞いてみたら、卵にレモンを混ぜたものらしい。

頭皮が終わったら、次は肌のケア、延々30分ぐらい、いろんなものを塗っては洗い、塗っては洗うの連続。パックもされたし、鼻の毛穴のケアまで・・。確実に髪切る時間より長い。あんなに人に自分の顔を触られたのははじめてだな。ちなみに普通におじさんがやってくれました。
お金は、フルコース計2時間ぐらいで、300ルピーほど。まぁそんなもんか、あれだけおれの顔に時間をかけてくれたんだもんな。
白くてすべすべの私の肌に、いたく感動していたのは言うまでもない。

e0033008_4112965.jpg

写真は、最近、近所にオープンしたハンバーガー屋さん。とても綺麗そして、サービスもいい。
お店の前に人だかりが出来てて、みんな店内を見てますよね。これ、実は店内のテレビを見てるんです。ちょうどこの日は、インド対ニュージーランドのクリケットの試合があったようで、みんなそこから観戦してるんですね。ほかのお店の前にも人だかり。

e0033008_4125565.jpg

もう一枚は、対照的にいつも果物をうってもらっているおじさんと台車。とっても安くて庶民的。
最近はマンゴー見かけなくなってしまったので、バナナで我慢。3本ぐらいで、5ルピー(10円)。
インドの経済発展の過程を写真を比べることで、ここからも見れますね。こういう光景はなくなってほしくないなぁと思いますね。

っと久しぶりの投稿なんですが、諸事情により、更新を休止することにしました。
どれだけの人が見てくれていたかよくわからないのですが、これまで見てくれていた方、ありがとうございました。コメントくれたみなさんもどうもありがとう!

投稿再開予定は未定ですが、今月の終わりぐらいにはまた投稿できたらと思います。
みなさんもお体には気をつけてお過ごしください。
[PR]
# by izayoisakura | 2005-09-08 04:13
若干の空白期間を経てこうして投稿しております。体を壊したわけでも、インド人女性に現を抜かしていたわけでもありません。ただ、先日こちらで買ったT字の髭剃りが、顔の肉片を若干削ぎ落として、血がかなり出ましたが・・。髭剃りって案外怖いんですね。

一人でインド人しかいないレストランに行くことが多くなった今般、不思議な気持ちになります。それは、周りをすべてあの濃い顔の人たちに囲まれて時間を過ごすと、自分も周りの人のように濃い顔をしているんじゃないか、という錯覚に陥るということ。錯覚というか、馴染んでしまっているというか・・・。が、しかし、壁の鏡に反射する自分の顔は、全くもって東洋人。薄い!おれの顔が・・。いや、濃い!周りの顔が・・。まぁどちらでもいんですけど、そんな変な気持ちになります。みんなお人形さんみたいな目と、彫りの深い顔をしていますね。最近こちらの人の顔に慣れてきました。
ところでこちらには、一見、東洋系の顔をした人がいます。いわゆるモンゴロイドなんですが。
インドにいるモンゴロイドの人々は、チベットの方から来ているようです。ほんとに日本人かとおもって先日話し掛けてしまったことがあるぐらい親近感を覚えます。まぁ、心はインド人ですけど。

e0033008_1464859.jpg

ところで、マハラジャってよく聞きますが、そのマハラジャが現在もすんでいる宮殿の写真がこれです。インド南部のマイソール藩王の宮殿ということですが、現在もこの宮殿の後ろの側にあるという邸宅にお住まいとのこと。うーん、日本でいえば、江戸時代の大名が現在もお城に住んでいるような感じでしょうか。間違いなくとんでもないお金持ちなんでしょうね。

久しぶりの投稿なんで、もう一枚。
「インド人」というと、一般的にターバンのようなものを被った人を想像する人が多いと思います。なんなんでしょうね。あのイメージ。どこからやってくるのか・・。
そういえば、その昔やったことのある、「いただきストリート」というゲームソフトにでてきて、お金を使っていくマハラジャは、何か被っていたような。

e0033008_149420.jpg

っということで、ご近所さんで、いつもヨーグルトを買っている雑貨屋のおやじさん。
実はこの被り物を被っている人は、シィーク教徒の人なんです。あの中には、伸びに伸びた髪の毛が巻かれているそうです。シィーク教徒は、ある時期から髪を切らなくなるみたいです。
インドに何%のシィーク教徒がいるか忘れてしまいましたが、10%ぐらいだった気がします。かなり不安ですが。
先日、道端でシャワーを浴びてる人がいて、後ろから見ると髪が長いので女性かと思い、ドキッとしたんですが、振り返ったら普通にシィーク教徒のおじさんでしたとさ・・・。
[PR]
# by izayoisakura | 2005-09-01 01:50 | 観光・風景

インド共和国の中心

e0033008_22523771.jpg

e0033008_2253394.jpg

やはり休みの日は、どこかに行かなければ気が済まない。っということで、郵便局にいったついでにちょっと観光に。
デリー中心部にある、インド門そして、そこから一直線上にある大統領官邸です。
つまり、上の写真を撮ったところから振り返ると下の写真の風景が広がります。
下の写真の向こうに見えているのがその大統領官邸です。そのスケールの大きさが
伝わるでしょうか。
でも この権威を象徴する場所を素直にすばらしいとは思えませんでした。この国には、まだまだ、貧困層そしてそれ以下で暮らす人たちが何億人と存在するからです。
もちろん、国家が存在していくためには、このような権威の象徴が当然必要であることはたしかですが、この綺麗な施設と通りを管理する資金があるのなら、それを貧困削減にいくらかでも回した方がいいのではないかと考えてしまいます。また、インド側の貧困問題への基本的な認識は、「あくまでも国内の問題であり、他国の干渉は極力避けたい」、という感じのようで、日本からの技術協力もなかなか進んでいないようです。円借款については、年間1300億円(2004年度)規模で供与を受けていますが。
っというようなことを考えながら終了。

そういえば今日は、悪徳オートリキシャーに遭遇。料金交渉をして乗って少し経ってから、
「途中に友達のショップがあるんだけど、寄っていかない?」って切り出してきたのです。
こちらが、そんなの必要ないと言ったら、先ほど決めた値段を吊り上げてきたんです。
はい、そういうのには、キレておきましょう。
「そんなこというなら、のらね-よ!」って言って、さいなら。

こういうのに引っかかりやすいんだろうね、観光客は。まぁ、私もカメラを肩にかけてるので、普通に観光客ですが・・・。
[PR]
# by izayoisakura | 2005-08-27 22:54 | 観光・風景

日本車、日本食

レース用ではなく、普通車が好きな私はこちらに来てからもよく車を見ています。TATA(インド)、TOYOTA、HONDA、HYUNDAI(韓国)、BM、メルセデス(現地生産)、ダイムラー・クライスラー(アメリカ?)、ヒンダスタン(アンバサダーという公用車が有名:インド)、ボルボ(スウェーデン)、そしてマルチスズキ等、いろんな車が走っていて、排気ガスがなかったら、1日見てても飽きないかもしれません。
そんな中、思わず振り返ってしまうクールな車がありました。それは、HONDAの
新型Accord。日本でもかっこいいなと思っていたんですけど、こちらで見るとそのクールさが輝いて見えるのです。実は、日本では大衆車代表であるTOYOTA、カローラさえ、相当輝いています。
もちろん実際にかっこいい車なんですけど、どうもこちらに来て、私の中のそういう基準が低下しているんじゃないかと思ってます。やはり、サイクルリキシャーとかオートリキシャーとか、ドアの無い乗り物に乗っているからでしょうか・・。日本に帰ったときに、綺麗な車が通り過ぎるたびに振り返ってしまうんでしょうか。問題です。

日本食という食べ物を食べました。やはり舌は嘘をつきません。カレーとは違う、そのやさしい味。自分が注文した品、肉じゃが・・・・。超一般的な日本人のようです。

写真は、(オールド)デリーの遠景です。空気の悪さがよくわかりますね。向こうに見えている建物群は官公庁でしょうか。天気に違いはあるにしても、前の投稿の東京と比べると違いがよくわかりますね。

e0033008_12202037.jpg

[PR]
# by izayoisakura | 2005-08-24 12:47

体は不思議だね

ここでの生活も、もう3週間が過ぎました。この間、私の体はインドに慣れようとしたのでしょう、いろんな具合に変化をもたらしました。ミネラルウォーターの成分のせいでしょうか、体内に石を作ってみたり、お腹のコントロールを失わせてみたりと・・。海外での生活、特に途上国で、体の中に石を作る人は少なくないようです。私の周りにいる男性職員の方のうち8割は保持していますし。
この際、結石について詳しく知りたいと言う方は、こちら。
とりあえず、水を飲む、そして運動する。体のどこかを彷徨っている君、暴れてはいけませんよ。

今回学んだこと、インドの病院と医療レベルは高い、ということかな。
あと、注射が安かったですね。50ルピーでした。保険きいてないのにこの安さ、どうしたんでしょう。補助金でもついてるのかな。

暑い日本の夏、体のコントロールには十分お気をつけください。

e0033008_2124519.jpg

写真は、学部時代住んでいた寮からのもの。刻々と変わる東京を、よく眺めていたものです・・・。
[PR]
# by izayoisakura | 2005-08-22 17:49