魅惑のインドから帰国。今度は魅力ある北の大地から発信。


by izayoisakura

<   2005年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

出発そして到着

インドでの洪水の影響で、予定より早く9時に集合とのこと。5時起き、そしてスーツケース二個を抱え山手線→京成スカイライナー5号。なんかこの電車に乗るといままでの旅行や滞在の思い出がよみがえる。あれやこれや。
チェックインの際、荷物が重すぎて超過料金を科されたが、「そんなん払えない」、といって荷物の移しかえで何とか無料。1万3千円も浮かしたぁ。そんなこんなで、最後に豪華に高級トンカツを食べ出発ゲートへ。
もう周りはインドの人。乗り込んだのはいいが、すぐ睡魔の襲われ、起きたらもう三重県の志摩と思われる光景が眼下に広がっていた。機内では、特に問題はなく機内食はチキンカレーではなく、日本食をチョイス。もう当分食べられないだろうなという考えからかな。鰆の煮付けかな、これは。九時間ぐらいのフライトだったのか、入国カードを記入していよいよインドに到着。飛行機を降りたとたん、そこは「ザ・異国!」って感じ。あの臭い、あの湿気、あの気温、あの濃い顔をしたインド人のみなさん、もうその異国ぶりに心が踊る踊る。この感じは何度味わってもやめられない。自分の知らない世界が広がっていると思うと、いてもたってもいられない。旅行ではないのに心弾ませ、一人にやにやしながら入国審査。自分の名前が書いてあるプラカードを持ったエイジェントさんがいる。が、しかし、Masanori ?名前が違う・・。まぁいんですけどね。
インターン先からのレンタルの携帯を受け取り担当の職員の方へ到着を報告。携帯は安否確認に必要不可欠らしい。NOKIAの小さい携帯。無事にホテルに着き、私より先に来ていた同じインターンの方にご挨拶へ。どうも風呂上りに訪ねてしまった・・。申し訳ありません。
10時を過ぎていたが、やはり異国に興奮して眠れないので、近所を散策。早速フレッシュジュース屋さんでミックスジュースを飲む。うーん、100%なのはわかるけど、ぬるい。でも、うまい。早速ウェルカムシャワーにならないことを祈りながら、就寝。

写真は、ホテル近くの通りです。
e0033008_13245128.jpg

[PR]
by izayoisakura | 2005-07-31 21:52

7月30日 出発前日

早朝、新千歳へ向けて家を出発。荷物が重すぎて家からタクシーに乗る。
藤澤、深澤両氏が駅に見送りに来てくれていた。うれしすぎる。3人とも完徹・・。深澤氏の徹夜は昨日の朝届いた、私の中古ノートPCのセッティングが原因である。深澤氏には頭が上がらない。今こうして文章がうてるのも彼のおかげだ。ちなみに、動きはすこぶる好調。深澤氏は新千歳のセキュリティーゲートまで送ってくれた。その後電車の旅をすると言っていたがどこに行ったんだろ・・。
飛行機内ではすぐ意識を失い、起きたころには東京。この日は最後の買い物。シャツ、先方へのお土産、その他もろもろ。お金が見る見るうちになくなる・・。
夜はいつもの焼き鳥屋へ。しかし、どうしたのか食欲、酒欲が皆無。オレンジジュースを居酒屋でたのんだ。どうもおかしい。そんなこんなで準備万端、熟睡。
[PR]
by izayoisakura | 2005-07-30 12:28