魅惑のインドから帰国。今度は魅力ある北の大地から発信。


by izayoisakura

インド共和国の中心

e0033008_22523771.jpg

e0033008_2253394.jpg

やはり休みの日は、どこかに行かなければ気が済まない。っということで、郵便局にいったついでにちょっと観光に。
デリー中心部にある、インド門そして、そこから一直線上にある大統領官邸です。
つまり、上の写真を撮ったところから振り返ると下の写真の風景が広がります。
下の写真の向こうに見えているのがその大統領官邸です。そのスケールの大きさが
伝わるでしょうか。
でも この権威を象徴する場所を素直にすばらしいとは思えませんでした。この国には、まだまだ、貧困層そしてそれ以下で暮らす人たちが何億人と存在するからです。
もちろん、国家が存在していくためには、このような権威の象徴が当然必要であることはたしかですが、この綺麗な施設と通りを管理する資金があるのなら、それを貧困削減にいくらかでも回した方がいいのではないかと考えてしまいます。また、インド側の貧困問題への基本的な認識は、「あくまでも国内の問題であり、他国の干渉は極力避けたい」、という感じのようで、日本からの技術協力もなかなか進んでいないようです。円借款については、年間1300億円(2004年度)規模で供与を受けていますが。
っというようなことを考えながら終了。

そういえば今日は、悪徳オートリキシャーに遭遇。料金交渉をして乗って少し経ってから、
「途中に友達のショップがあるんだけど、寄っていかない?」って切り出してきたのです。
こちらが、そんなの必要ないと言ったら、先ほど決めた値段を吊り上げてきたんです。
はい、そういうのには、キレておきましょう。
「そんなこというなら、のらね-よ!」って言って、さいなら。

こういうのに引っかかりやすいんだろうね、観光客は。まぁ、私もカメラを肩にかけてるので、普通に観光客ですが・・・。
[PR]
by izayoisakura | 2005-08-27 22:54 | 観光・風景