魅惑のインドから帰国。今度は魅力ある北の大地から発信。


by izayoisakura

観光客としての1日

こっちに来てもう半月も経ちました。本当にいろんな点で、意味ある時間が過ぎています。

ところで、先週末は、こちらに来てから抑えていた「ツーリスト」としての自分を少しだけ解放してきました。
e0033008_12173358.jpg


と、いうことで写真は、1993年に世界遺産に登録された「フマユーン廟(1565年建造)」です。この写真を見て、あの「タージ・マハル」に似ている、と思った人がいたら、センスありですね。規模は小さいながら、この左右対称の建築からタージ・マハルは影響を受けて建築された、ということです。廟ですので、もちろんこの建物の下にムガル朝第2代フマユーン王の遺体が安置されています。

インド最大のモスク(イスラム教の礼拝所)にもお邪魔した。ここインドには、パキスタンと分離後も12%ものイスラム教徒がいるとのこと。10億強の全人口だから、1億人はいるのでしょう。これまで、いろんな国でモスクにお邪魔したが、ここも同じように気持ちが落ち着くような雰囲気の場所でした。1枚は、このモスクの門前に広がる商店、もう1枚は、モスク内にある、お祈りする前に足や体を清める池。
e0033008_12214884.jpg

e0033008_1221635.jpg



次の写真は、上のフマユーン廟を見に行くために乗った、オートリキシャーです。いつもサイクルリキシャーに乗る私にとっては少しリッチな気分になれる乗り物ですね。値段はメーターがあるけど、お構いなしだから、事前に交渉するのが無難です。トラブルのもとなので。
e0033008_12272038.jpg

いやー、それにしても、もちろんドアもシートベルトもないですよね。それに加えて、こっちの運転は、レース中であるかのように、いつぶつかるかわからないような運転だから、おちおちよそ見もできません。あと、ドアなしだからまわりの車両の排気ガスをがんがん吸うことができます。寿命が縮むんじゃないかなぁって不安な気にもなれます。
e0033008_1227599.jpg

と、いうことで、次の写真はオートリキシャーの後ろ姿です。
この感じどこかで見たことありませんか?
なんかかわいい後ろ姿だな、と思ってたんですけど、名ゲームソフト「スーパーマリオカート」のクッパの後ろ姿に見えるではありませんか。私だけですかね。まぁいいでしょう。赤甲羅でもぶつけてみたいですね。
ちなみに、あのゲームではクッパを使うのがクールです。ノコノコとかキノコを使用するのはクールではありません。
[PR]
by izayoisakura | 2005-08-16 12:29 | 観光・風景